西進葬儀社

大阪市都島区の葬儀業、葬式全般取扱、家族葬、寝台自動車・霊柩車なら株式会社西進葬儀社へ

緊急
事前相談
生活保護
HOME»  葬儀の流れ

葬儀の流れ

 

ご相談・お問い合わせ

 

ご葬儀の流れ

①ご臨終

ご臨終

 

1.医師による死亡判定
  -----↓----
2.葬儀社の連絡
  -----↓-ー---ー
3.医師から死亡診断書を受け取る

 

 

②搬送・ご遺体安置

搬送・ご遺体安置

 

ご遺体の安置や枕飾りをセットいたします。

 

 

③一般葬打ち合せ

一般葬打ち合せ

 

1.喪主を決めます。
  -----↓----
2.お寺へ連絡し、枕経をあげていただきます。
  通夜・葬儀日時・式場を決定し、その他細かなことを綿密に打ち合わせいたします。

 

 

④葬儀案内・役所手続き

葬儀案内・役所手続き

 

1.通夜・葬儀の日時を関係者へ連絡します。
  -----↓----
2.死亡届けの提出。
  火葬許可書を受け取って頂きます。火葬場の手続きが必要な場合があります。
  担当スタッフに御相談下さい。

 

 

⑤通夜式

通夜式

 

1.僧侶のお出迎え、挨拶、打ち合わせ後、開式10分前には着座し、心静かにお待ちください。
  開式~読経~焼香の流れになります。
  -----↓----
2.通夜を終え、葬儀社と告別式の打ち合わせ

 

 

⑥葬儀・告別式

葬儀・告別式

 

開式前に弔辞、弔電、親族代表挨拶、立札の打ち合わせをいたします。
お位牌・お写真・ご遺骨お棺を持つ方をそれぞれ決めておきます。
故人と最後のお別れになります。

 

 

⑦出棺・火葬

出棺・火葬

 

1.棺を霊柩車・親族はマイクロバスで火葬場へ移動。
  -----↓----
2.火葬許可書を提出(葬儀社が代行)
  -----↓-ー---ー
3.お骨拾い
  -----↓-ー---ー
4.埋葬許可証を火葬場より発行してもらう。

 

以上が基本的な葬儀の流れになります。 この他、ご不明な点がございましたらどうぞご相談下さい。
ご連絡くだされば、いつでも迅速に対応致します。

 

仏式の場合

初七日(しょなのか) 死後 7日目(死亡日を入れて数えます)
二七日(ふたなのか) 死後14日目
三七日(みなのか)  死後21日目
四七日(よなのか)  死後28日目
月 忌(げっき)   死後1ヶ月目
五七日(いつなのか) 死後35日目
六七日(むなのか)  死後42日目
七七日(なななのか) 死後49日目
百カ日(ひゃっかにち)死後100日目
一周忌(いっしゅうき)この日のことを祥月命日という。
三回忌(さんかいき) 亡くなった年を入れて3年目の祥月命日以後、
七回忌、十三回忌、二十三回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌があります。

※中部地区、関西地区では、忌日及び年忌の前日に逮夜(たいや)法要を行ったり、
地域によっては、多少異なる数え方をしたり、一部を省略して行うことがありますので、
もよりの寺院へお尋ねください。

 

神式の場合

葬後霊祭は丁寧にしますと、十日祭(死亡日を入れて数えます)二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭、ということになりますが、そのうち若干省かれることもあります。

 

キリスト教の場合

追悼の日については、特別の定めはありません。
古代ローマの風習をそのまま受け継いで、三日、七日、三十日及び年毎の命日とするか、あるいは日本の仏教にならって、七日、四十九日、に追悼を行うこともあります。
この日は、「追悼ミサ」をささげるか「追悼の祈り」を行います。